スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

本棚みたいな壁紙 ◆壁紙

DIY(だいたいで良いよ) それが私のディアワイッ!

このカテゴリで部屋系かつ改造の名に値する事をするのって、とても久しぶりですね
だって秋刀魚の季節になったんだもの。
だけど今年はまだ食べていないだって肉が大好き珠洲嘉です。

秋と言うと過ごしやすいので活動しやすくなりますよね。
私の場合、涼しいぜー快適だぜーああ飯がうめぇ、寝よう…の繰り返しなので
動いているのは胃ばかりです。すまねぇ…すまねぇ…!だが食う


さて今回はそんな家畜豚が動いたお話です

タイトルのとおり、今回は「壁紙」です!今までで一番DIYらしいね!


ブログで何回か触れたことがあると思いますが、私の部屋には天窓があって
その窓を何度か、雨の日にも関わらず開けっぱにしたことがありまして…

そのせいで事故物件のごとく、でかい染みとか黒い染みとか
それを無理やり取ろうとしたら禿げたりとかあれこれやっぱ呪いじゃね

そんな残念なところを隠…ン"ッンー!美しく可憐な姿に生まれ変わらせようと
思いましてね。

あとは…まぁ、新しい家具を置くという一番手っ取り早い部屋改造手段がね
もうスペース的に限界もあるっていう悲しい現実があったのもあります。



あーーーーもう前置きめんどくさいね!さっさとやりますか!



さて、この壁紙DIYをやったのはー…たしか去年(2013)だった気がします

そのため以前ご紹介した、お部屋公開の記事の写真とは異なるディスプレイとか
あったりなかったりするかもしれません、ご承知くださいませ。。
(時期的にはお部屋公開写真の後にDIY+撮影したものです)



さて!では今回の被害…じゃなくてDIYする場所はこちらー( ゚ω゚ )




そしてこの天井部分のやかましさに定評のある部屋です。




…というのはフェイクで


実は上記の場所ではございません。








こちらが本当の、DIYする壁です。


なんでわざわざ広い方の壁の写真があったかというと

本来はそちらに貼るつもりだったからです。

ところが、ネットで壁紙の長さを注文する際に
鼻たらした小学生でもできるような 算数という名のかけ算を、ものっそい間違い
見事に3mほど足りないつかもう全然足りてねぇ!という事態に陥ったので
急遽 壁紙DIY場所の第二候補だった、面積少ない方の壁紙をいじることになったんです。

壁紙って、見た目以上に消費するメーターがハンパなかったす…
本来壁紙を買う際は 計算した必要m + 1〜2mほど余分に買うのが常だそうで。ケチッタラアカン

…まあつまり、せっかく頑張ってスペース開けたのに
計算ミス一つでこの労力が無駄になったわけである。激ダサだぜ…



さて気を取り直して。そんな壁紙張り替えでまずやることが『道具の調達』です

ちなみに今回というか今後もだけど、私のやる壁紙貼りでは
既存の壁紙の上から貼るという 大胆というか超おおざっぱな仕事をします。


本来の壁紙DIYの(おおまかな)工程は


ヾ存の壁紙をべりーっと剥がす(凸凹をなくすため) ←面倒くさいね!

剥がし跡やごみを綺麗に取る(凸凹をry) ←面倒ってレベルじゃないね!!

J瓢罎法悗里蝓戮鬚弔韻

づ修



という順序を踏まなければいけないのですが、何が悲しくて
面倒クイーンの称号を自称している私がこんなアホ丁寧にしなきゃいけないんだ!!

なので,鉢△呂垢暖瑤个靴泙后 まあなんとかなるでしょう。




では実際に使用する『道具』のご紹介のターン!







(瓢耆僂里(※のり付タイプの壁紙には要らんのです)
▲ッター(壁紙をキットカットする)
スポンジ(壁紙からはみ出した、のりを優しくソフティに除外する物)
ぅ献腑ぅ鵐肇蹇璽蕁次(要するに部分的にプッシュしたいところに使うやつ だと思う)
ッ魯戰(カットする時に使う、数字目盛りのない馬鹿でかい定規みたいなもの)
ι錣妊魯(壁紙を貼った後、壁紙と壁の間にできた空気を抜くときに使う。ハゲではない)
Д蹇璽蕁(のり付けの時に転がしてつける)
竹べら(なんだこれよくわからない。全然使ってない。)

ちなみに×とついてるのは、カッターの替刃というだけなので省略。


これらの道具は壁紙を売っていたところと、同じお店でセットで出していたので
セットで購入+ローラーと壁紙用のりだけは単品で購入しました。


 

私が買ったやつが上記のセットです。
竹べらの必要性は本当に謎だけどどうしてもセットに含まれます。
これは強制イベントなのでスキップできません。



で、次は買ったのりのご紹介なのですが…

 

まあ、これが私が買ったやつですが…正直オススメできません。

何故かと言うとこれ、確かに粘着力は強いみたいですが
水で溶いてかき回す作業がとてつもなく面倒くさいです。

まずちゃんとしたドロドロになるまで時間はかかるわ、それまでかき回すにしても
重いというか何これコンクリ?セメント混ぜてるの?ってくらいとにかく腕疲れます。

私のような全国のメンドニストには間違いなく逆一押しの一品です。



 


そして後にこっちを買ったのですが…
もう最初からこっちを使えばよかったと禿げしく後悔。もう禿げるほど後悔。


先ほどの粉タイプと違うのは、のりをかき混ぜる必要はなく ”出してそのまま使える”
というお手軽極まる点です。ただ手間がない分、粘着力は少し負けます。

しかしこれ、粉ぬりと比べて粘着力が劣っているとは言うものの
ちゃんと押さえればしっかり張り付くので、ぶっちゃけこれで充分かと。

ちなみに粉のりタイプは、ちょっとペタっとくっつけるとそのまま張り付いてくれるという
ラクチン利点はあるが逆を返せば、一度張り付けたら位置の微調整ができないという
結局一周まわって面倒に帰ってくる仕様。

安いし楽だし役立つし個人的にはオススメです。

※ちなみに上記の画像からだと、道具セットを買った所と同じお店で買えるので
まとめて買う方は送料対策のためにもその方がいいです。

ですがなんらかの理由で、別個に買い足すような状態の場合は
送料が勿体無いので上記画像(つまり楽天)からではなく
amazonならプライム会員であれば無料で調達できますのでそっちもオススメだよ




道具はこれで以上ですが、本来であれば壁紙用のりを買った際
のりを入れる専用の容器?が要ります。

ガシガシ、んなもんバケツとかで代用すればいいわ金が無駄じゃボケェなので
私は買ってません。ぶっちゃけ実際なくてもなんとかなります。



では恒例ですが、続きは追記にてドゾー(。╹ω╹。)


※昨日 深夜テンションで何も気づかずにそのまま掲載していましたが
画像の枚数多いので、いつも通り記事掲載を分割(続きを追記掲載)いたしました。


 

では、ここからメインである壁紙のご紹介です!







アンティークな本棚!  …ぽい壁紙!

ネットで見つけて一目惚れしちゃいましたキャフフッ!

オシャンティ〜すぎて、これだけで上級者の部屋っぽくなるじゃん
つか本がいっぱいあるとか学者みたいやん!ファンタジーぽいやん!という
もう厨二と中二が混ざった気持ちでチョイスしたのですがいや本当たまんねぇなこのデザイン!


 

私が買ったのと同じのはこちら↑

値段はやっぱ輸入壁紙ならではプライスです。ちなみにこれは外国製だからか
メーター買いではなくロール買い(1単位 約7m)になりますのでご注意ください。

この本棚タイプ、色が2種類ありまして 私が買った「アイボリー」と「ホワイト」なのですが
本来であれば、色的に開放感というか うるささのない「ホワイト」が欲しかったんですよ。
だってホワイトな本棚とかなんかKHの13機関ぽいというか…もう頭に厨二がわき過ぎ。

ガシガシ、運というか間が悪いことに買おうと思った時
ちょうどホワイトだけが在庫切れになってしまったんですよ(今は在庫復活しています)

当時この壁紙は売り切れたら終了だと思っていたので、もしもう入荷しないのなら
せっかく一目惚れした柄だし、悔いのないように買うのもいっかと腹くくったのに
まさか3ヶ月後にはもう再販とかね!クソが!

本当は「そもそもアイボリーだとうるさくなりすぎないかなぁ」
という懸念もあったので、ホワイトを選んだというのもあります。
まあ主張がやや激しい分、白にはないアンティーク感さと重みが魅力的なんですがね。

 

※10月30日 追記
リンク先(というか壁紙の種類自体)を間違えていましたので修正しました。
物の質も違ければ値段が特に全然違いましたマジすんません…


そしてもう一個悩んだ、本棚柄の壁紙。

一目見て思ったよ。なんだこれは、ハリポタみたいじゃん。って

なんかホグワーツ来ちゃったっ!って感じの魔法書物がたくさん入ってそうな
このカラフルな本棚、冒険できそうな感じするじゃん!
可愛い魔法少女じゃなくていいからさ、黒いローブ着て しましまのマフラーつけて
店長に「ステューピファイ!」ってぶっ放してみたいよね!

でもこの柄、アイボリーとは比較にならないレベルで主張激しいからね…。
しかもピンク調の部屋にこんな、魔法界の運命背負った少年が通う学校にあるみたいなね
そんな重圧ある物が合うわけがなかろう…?





ではではお待たせいたしました。お次は、メインである壁紙貼りのターン!


…と行きたいのですが

実は今回、初めての壁紙貼りということで不安だったのもあって
父に手伝ってもらいながらやったんです。 なので工程写真ないです



というわけで、いきなり完成写真をドドン派だぜドゥーーーーン!












なんつうか…まあ…


存 在 感 あ り 杉 ! !


やっぱアイボリーだと力強すぎですね…。
結構ぐいぐい「本棚だぜぇもっと見ろだぜぇ」と迫りくるような圧迫感が…

でもリアルさは満足ですな!
本当に本がそこにあるかのような立体感というか遠近感がよーくできてるわぁ

ちなみに上部分の切れ具合が汚いのは、これ以上カッターの刃を
入れられない領域+父の「もう適当でいいだろ」とさすが私の親ですね投げやりすぎだろ










近くで見るとこんな感じ。

壁紙もいいけど、一度でいいからなんかこういう賢く見えそうな洋書置いてみたいよね。








これ、よく見るとつなぎ合わせに失敗しています。さすが父の「もう適ry」クオリティーです

まあ遠目というかこれくらい近づかんと気づかんレベルだし もう適ryですねわかります


質感はちょっとざらっと感があるけど湿っているような、あの乾いたざらつきによくある
嫌な感じはまったくない。この程よい手触り…さすがイタリア。(イギリスだっけ)









最後にオマケ。

実はこの夜に撮ったぽい写真がDIY直後のものです。
最初の完成写真2枚は後日お天気よろしい時にパシャったものっす。


一応お昼にやり始めたのですが、のりの分量間違えたり父と一緒に試行錯誤してたら
気付いたら夜だったんですよ。

のり分量やってかき混ぜてー、壁紙切ってー、のり付けてー、壁紙貼ってー
残りを切ってたら―…ンマー!不思議!4時間かかってました。

こんな時間アホみたいにかかってアホじゃないのと言われるかもしれませんが
だってそれが珠洲嘉だもの。本人としてはそれでも貼るの結構楽しかったからいいの!



壁紙ってどうしても


揃えなきゃいけない道具の多さや

既存の壁紙を剥がすときの注意点とか

のり付けの時の技はどうやるのかとか


知識も要るし技術も要るし時間もかかるし、手間がすごそう!!


と、どうしても腰がひけちゃう方って多いと思うんです。

でも、案外やってみると「手順多そうだけど実際はやる事少ないんだなぁ」と思えるし
まあ体全体使うので良い運動にはなりますし(笑)

こんな素敵な壁紙だけど、これ自分でやったんだぜ…という事実に
自分ですんごい感動しちゃいますよ本当に。


まあ面倒くさかったら、ぶっちゃけ私みたいに既存の壁紙の上から貼るとか
ショートカット技使ってもいいんですよ。

上記の道具だってより やりやすいための道具なので 全部揃えるのが面倒なら
何かで代用してもいいと思います。

あと、今は賃貸の方でもできるように、のりではなくてホチキスで壁紙を貼る、という
方法も出ているみたいですので、きっと昔よりずいぶんハードルが低くなったと思います。


とは言っても、DIYがすべてじゃないです。

手間とか仕上がり重視だからプロの人に〜というのも手です。


職人さんがやったのとはまったく出来が違うなぁ〜と
例えば、私はつなぎ目部分の難しさで実感しました。

思った以上に柄の向き合わせって面倒難易度高かったですし、
耳?なにそれ?マギーの方なのパンなの?とか言ってるうちにつなぎ目に
凹凸ができちゃったりね。

それを時短かつ道具もあっちで用意して勝手にやってくれて
その上ミスなく綺麗に施したりね、もう頭が上がらないよ!さすがやで!


職人さんもそれを仕事としているので、たぶん満足がいくのはプロ任せです。
手も汚れなーい、手間かかんなーい、片付けしなくていいー 最高に楽です!!

ですが、それだけ人が嫌がる(面倒がる)仕事をきちんとこなすってことは
手間代がかかるってことなわけで…

えっとですね、完璧さを求めてプロを頼むと最低3万くらいかかるんですよ


私のこのせっまい、横1mに満たない面積で3万ですよ?
まして壁紙は代別が大半です。そのお金で素敵な壁紙何m買えるの…


ある程度器用な方なら、多分つなぎ目もほぼ問題なく出来ると思いますし
私みたいな不器用さんでも、遠目で見たら許容なレベルまでやれます。
まあ気に入らなければべりーっと剥がしてやり直すことだってできるし。

正直 私以上のメンドニスト四天王じゃない限りは自分でやる事をオススメします
野ブタじゃないけど、自分の手で壁紙を美しく変えていくって結構快感なのよ



壁紙って一面を変えるだけでも雰囲気がガラッと変わりますし
あと個人的にはお洒落上級な感じもしますし、何よりお気に入りの壁紙を貼ると
見るたびにときめくんですよね。

で、「あー貼って良かった!」って思えるし、そう思うと
やっぱりあの苦労は無駄じゃなかったーって良い気持ちになれます。

だって、たった1日のうちの何時間かやっただけで、そのあと何年も
部屋に帰るたび幸せな気持ちになれるんですよ!なんかだんだん宗教じみてきた。



まあなんか途中脱線したというか長々と語りましたが、まとめると
「壁紙を張り替えると幸せだよ!」ということです。


では最後に、タイトルネタバレになってますが…

これ,覆里任泙席瓢翳圓呂△襪里次


ぶっちゃけそっちがメインで,脇門編みたいなもんですー




ではでは次の更新まで!(゚∀゚)






そして…… 壁紙貼り最難所である「スペース確保のための物・家具移動」は

壁紙貼りの前準備時だけでなく、こうして疲れた頃に強制イベントで鞭うってくるのである


 
スポンサーサイト
Comment
Comment Send